驚きの効果!最強毛生え薬の新薬とは?

驚きの効果!毛生え薬の新薬とは?

 

毛生え薬の新薬として話題に挙げられるのがプロペシアよりも効果の高い「サガーロ」です。2015年に承認されたばかりで、まだまだ歴史は浅いですが、それまでAGA治療薬の代表であったプロペシアよりも期待されています。ただし効果がある分、副作用も強いため使用するには注意も必要です。

 

そして実は、そんなサガーロ以外にも、ここ最近いろいろな「新薬」の研究が進んでいます。日本でも続々と発売されてきていますので、その一部をご紹介したいと思います。

 

話題になっている毛生え薬の新薬一覧

最近話題になっている毛生え薬の新薬をまずは一覧にしてみました。

 

サガーロ・・・プロペシアの2倍の効果があるとされるAGA治療薬。ただし副作用もつよい。
リデンシル・・・ミノキシジルの成長速度に比べ2倍以上の検証結果の出ている成分。
ペブプロミンα・・・脱毛の原因5αリダクターゼを阻害する力がこれまでの約3倍の成分。
キャピシル・・・ミノキシジルを大きく超える育毛パワーの成分
ピディオキシジル・・・ミノキシジルより吸収率の高い育毛成分。

 

サガーロ以外にもいくつか効果の期待できそうな新薬が開発されています。実はこの中で効果も高いけど、副作用の心配があるというのがサガーロです。
男性用、女性用に関わらず、毛生え薬は年々進化していっています。そしてこのように、どんどんと新しい成分が配合されたものが作られているんです。

 

ではここからは、それぞれの新薬の特徴をみていきたいと思います。

 

サガーロ

今回挙げた新薬の中で唯一の飲み薬なのがこのサガーロ。体の中に入れるものなので、飲み方や分量などをしっかり守って使用する必要があります。

 

サガーロの主成分はデゥタステリドです。元は前立腺肥大症の治療薬として使われていましたが、発毛効果があることがわかり、AGAの治療薬として用いられるようになりました。

 

プロペシアと同じく脱毛の原因となる5αリダクターゼを阻害する働きを持つ成分ではありますが、やはり副作用があるので使用上は注意が必要になります。

 

サガーロの副作用とは?

サガーロの副作用として報告されているものには

 

  • 勃起不全
  • リビドー(性欲)減退
  • 精液量減少
  • 射精障害

 

などがあります。更に「重大な副作用」として、

 

  • 肝機能障害
  • 黄疸

 

といったものが生じる可能性があるということも明記されています。自覚症状としては、からだがだるい・白目が黄色くなる、吐き気がする、食欲不振になる、皮膚が黄色くなる、尿の色が濃くなるなど、こういうことに気づいた時点で早めに医師または薬剤師に相談する必要があります。(参考:サガーロ患者向医薬品ガイド

 

サガーロとプロペシアの違いは?

サガーロとプロペシアは効果が似ていることからよく比較の対象にされます。ただ効果は似ていても成分としては全く別のものです。

 

サガーロはデュタステリドが主成分なのに対し、プロペシアの主成分がフィナステリドです。そしてサガーロの主成分デュタステリドはフィナステリドよりもより高い薄毛改善効果が報告されています。またデュタステリドの方が持続性もあり、効果が長続きします。

 

ただいずれも上記のような副作用があり、男性ホルモンを低下させることから、長期服用は決して望ましいとは言えません。ですから、できることならお世話になりたくないお薬と言えるでしょう。

 

サガーロはどこで買える?

サガーロは専門医に処方してもらうのが原則です。ただ最近では海外からの輸入代行サイトなどでも購入できるようになったため、比較的手に入りやすくはなっています。

 

ただやはり副作用の心配もあり、使用の仕方には注意が必要な薬です。またそのようにリスクのあるサガーロを使わなくても薄毛が改善できるケースもあります。このあと解説をする他の新薬も非常に期待度が高いです。またサガーロやプロペシアのような副作用の心配は基本的にありません。

 

その分効果はやや緩やかではありますが、継続すれば薄毛の改善に繋がります。

 

それではここから、副作用のない期待の新薬についてご紹介していきます。また合わせてそれらが含まれている育毛剤もご案内します。

 

リデンシル

今毛生え薬の新薬として注目を浴びているのがこちらの「リデンシル」です。男性用の育毛剤だけでなく、女性用の育毛剤にも配合されるほど、その効果が期待されている新成分になっています。

 

日本の専門医ではまだ使われていないようですが、海外ではすでにリデンシルを使った専門医も登場しています。あのミノキシジルの約2倍の育毛効果が実感できるということで話題です。その育毛実験で使われていたリデンシルは濃度が5%のモノでしたが、最近発売されている日本の育毛剤では更に濃度の濃い5%使用となっているものもありますので、より高い効果が期待できそうですね。

 

リデンシルを使った育毛剤例
  • プランテルEX(リデンシル5%
  • リデン(REDEN)(リデンシル3%)
  • バイタルウェーブスカルプローション(※濃度不明)
  • Deeper 3D(リデンシル5%
  • ザ・スカルプ5.0(リデンシル5%
  • リジュン(女性専用)

 

ペブプロミンα

 

ペブプロミンαは「薬用プランテルEX」のみに配合されている独自成分です。ヒオウギエキス・牡丹エキス・ビワ葉エキスなどを組み合わせた処方で、特許出願中の成分になります。
このペブプロミンαの凄いところは脱毛の原因となる5αリダクターゼの阻害率がミノキシジルの約3倍にもなるというところ。こちらは日本食品機能分析研究所という研究機関で実証されていますので信頼性も高いです。

 

5αリダクターゼの阻害率がミノキシジルの約3倍

 

いくら育毛を助長しても、それ以上に抜け毛スピードが速ければ意味がありません。その点このペブプロミンαが抜け毛を抑えてくれると助かりますね。

 

ペブプロミンαを使った育毛剤例
  • プランテルEX(独自成分
  •  

    キャピシル

    話題のキャピシルはカナダの化粧品会社が開発した新薬成分です。キャピシルの主成分は毛根復元効果のある「アセチルテトラペプチド-3」と脱毛の原因となる男性ホルモンDHTを生成する5αリダクターゼを抑制する「ビオカニンA」になります。

     

    ミノキシジルの3倍の効果があるという実験結果もあり、非常に注目されています。

     

     

    効果の高さがアピールされつつも、ミノキシジルやフィナステリドのように副作用の心配がないのも特徴。日本でも複数の育毛剤に使われています。

     

    キャピシルを使った育毛剤例
    • フィンジア(キャピシル5%)
    • ザスカルプ5.0c(キャピシル5%)
    • バイタルウェーブスカルプローション(キャピシル7%
    • ボストンスカルプエッセンス(キャピシル5%)
    • Deeper3D(キャピシル5%)

     

    ピディオキシジル

    最後にご紹介する毛生え薬の新薬はピディオキシジル。ミノキシジルに近い成分ということで注目を集めています。ただこれについては「近い」だけなので、まったく同じというわけではなく、効果も異なります。

     

    ピディオキシジルはミノキシジルと比較して効果も緩やかで、主に毛周期(ヘアサイクル)を改善する効果があるようです。具体的には成長期の期間を長くし、太くしっかりとした髪の毛になることをサポートする成分だと思ってください。

     

    副作用がないので、他の新薬と同様に安心して使用できるいうのは利点ですね。

     

    ピディオキシジルを使った育毛剤
    • フィンジア(ピディオキシジル2%
    • ザ・スカルプ5.0C(※濃度不明)
    • ボストンスカルプエッセンス(※濃度不明)

     

    新薬配合の毛生え薬比較

    ここまでを踏まえて、副作用のあるサガーロ以外の新薬を含む育毛剤を表にまとめて比較してみました。

     

    価格(税込) リデンシル ペブプロミンα キャピシル ピディオキシジル
    プランテルEX ¥9,700


    リデン(REDEN) ¥10,584
    バイタルウェーブスカルプローション ¥8,200
    Deeper 3D ¥14,100

    ザ・スカルプ5.0 ¥10,000

    フィンジア ¥9,980


    ボストンスカルプエッセンス ¥8,800

     


    価格とのバランスや、配合成分などを加味すると

     

    • プランテルEX
    • ザ・スカルプ5.0
    • フィンジア

     

    あたりがよさそうですね。なおこの中で医薬部外品の「育毛剤」として厚生労働省が定めた基準をクリアしているのは「プランテルEX」だけです。
    (ザ・スカルプ5.0、フィンジアは「化粧品」扱い)

     

    ですので、少しでも安心を…と思うのであれば、プランテルEXがおすすめですね。

     

     

    ページの先頭へ戻る