飲む毛生え薬の錠剤の副作用は?効果はあるの?

飲む毛生え薬の副作用は?

飲む毛生え薬の効果と口コミ

 

 

毛生え薬には飲む錠剤のものが存在します。市販されている毛生え薬は頭に塗る(つける)タイプが多いですが、飲む毛生え薬には

 

・プロペシア
・フィンペシア
・ミノキシジル

 

などという錠剤のものがありますね。
実際にAGA治療の現場では飲む毛生え薬としてプロペシアあたりがメインで使われることが多いです。

 

 

飲む毛生え薬「プロペシア」は効果があるのか?

 

プロペシアの主成分は「フィナステリド」というもので、元は前立腺の病気の治療薬として研究・開発が進められてきました。

 

しかしながら後に育毛効果があるものであると厚生労働省でも認可され、現在では正真正銘の「飲む毛生え薬」として世界で定着をしているものになります。

 

ですので、男性型脱毛症であるAGAの治療にはこのプロペシアが多く使われているわけです。

 

 

 

飲む毛生え薬の副作用は?

 

AGA治療に効果を発揮するプロペシアですが、男性ホルモンを操作する治療薬であるために、勃起不全や精力減退などの、ホルモンと関係の深いところで、副作用の報告がなされることがあります。

 

また肝機能障害が起こる可能性も指摘されており、元々肝臓が弱いという方にはオススメできない薬ではあります。

 

 

 

プロペシアが効く理由は?

 

プロペシアを飲むことで「ヘアサイクルの乱れを整える」働きがあります。抜け毛が多く薄毛になってしまう原因は、このヘアサイクルの乱れなんですね。ヘアサイクルが乱れることにより、抜け毛が増え、強く太い毛が育ちにくくなってしまいます。

 

それを徐々に戻していくわけですが、実はこれにはかなりの時間が必要になります。AGAが進行してしまった人であれば、完全にヘアサイクルが元に戻るまでに3〜5年はかかるといわれています。

 

そしてさらには、仮にプロペシアでヘアサイクルが元に戻ったとしても、それは抜け毛が減るという状態になるだけで、そこから強く太い毛が生えてくるかどうかというのは別問題になります。

 

このときよく話題にあがるのが、ミノキシジルと共に使われる「ミノキシジル」という錠剤なんですね。

 

 

 

ミノキシジルについて

プロペシアとともによく話題に上がる飲む毛生え薬に「ミノキシジル」という錠剤があります。

 

プロペシアはヘアサイクルを元の状態に戻すことを目的としていたのに対して、ミノキシジルは血管を拡張し、血行を促進させる目的で使用されます。

 

プロペシアで正常なヘアサイクルに戻った髪に、しっかりと栄養を行き届かせて、太く丈夫な毛を作るために、このミノキシジルが役立つということなんですね。

 

 

 

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルにもプロペシアと同様に副作用が存在しています。

 

ちなみにミノキシジルは「塗るタイプ」と「飲むタイプ」に分類され、前者より後者の方が副作用の可能性は高くなります。

 

このため飲むタイプ(タブレットなど)は国内での認可はされていません。
塗るタイプとしては、有名な大正製薬の「リアップ」という商品があります。

 

なお、報告されている副作用としては、低血圧や多毛症、しびれや頭痛などがあります。

 

 

 

副作用のない飲む毛生え薬

このように飲む毛生え薬には副作用の報告も多く、どうしても心配で避けてしまうという人も多く存在します。

 

ただ毛生え薬だけに頼っても育毛効果が実感できないとなった場合、また早くに育毛効果を実感したいと言う場合は、体の内側からも育毛を促進する、飲む毛生え薬を併用するというのが絶対にオススメです。

 

 

そんなときに頼りになるのが「副作用のない飲む毛生え薬」ですね。

 

こちらの錠剤は全てが天然成分で作られており、副作用の心配が一切ありません。しかもきちんと髪のために必要な成分が配合されているという優れモノです。

 

 

その商品とは「チャップアップサプリ」です。

 

チャップアップサプリ(生やせ)

 

 

ここ数年で一気に人気になったつける毛生え薬のチャップアップと姉妹商品になります。

 

毛生え薬のチャップアップで髪に直接、チャップアップサプリで身体の中から、このダブルの作用で育毛に成功した人が後を立ちません。

 

毛生え薬もサプリメントも完全無添加で、毛生え薬にありがちな副作用の心配は一切なしです。

 

これでもう副作用におびえることなく、飲む毛生え薬を服用することができます。

 

こちらからチャップアップの詳細が見れますので、チェックしてみてください!

 

 

チャップアップの詳細はこちら!