東国原知事の毛生え薬はビタミンcが主成分?ビタブリッドCとは?

東国原英夫知事の毛生え薬はビタミンcが主成分のビタブリッドCらしい

東国原英夫知事と言えば「薄毛」な印象があるはずですが、なぜか下の写真(動画のキャプチャ)は結構フサフサ髪。これを見て驚いたとい人も多いと思います。

 

「いったいどんな毛生え薬を使ったんだ?」

 

「どの毛生え薬なのか教えてほしい!」

 

そんな声もあると思います。

 

東国原 毛生え薬

 

これ実は「ビタブリッドC」という毛生え薬の広告なんですね。

 

多くの雑誌メディアにも掲載されて「奇跡のパウダー」と言われている「ビタブリッドC」とはいったいどんな毛生え薬なのか??

 

 

→今すぐ「ビタブリッドC」の詳細を見てみる!

 

 

 

ビタブリッドC

 

このビタブリッドCは「頭皮にビタミンCを12間浸透させる」ということを実現した毛生え薬なんです。毛生え薬とビタミンCとの関係がいまいちピンときにくいですが、ビタミンCをきちんと頭皮に浸透させることができると、頭皮の健康状態が良くなり、それにより毛髪のサイクルが正常化されるというものなんですね。

 

抜け毛が増えたり、それによって薄毛になってしまうのは頭皮の状態が問題になっていることが多いです。年齢やストレスなどで頭皮の状態が衰えるとヘアサイクルがうまく機能しなくなり、その結果抜け毛が増えたり、新しい髪の毛が生えてこなかったりという状況を作り出してしまうんですね。

 

ですから、しっかりと頭皮の環境を整えるということが薄毛の進行を食い止め、また元気な髪の毛を実現するためには必要なわけです。

 

じゃあビタブリッドCを使うと毛が生えるのか?

ビタブリッドcと他の育毛剤との違い
結論から言うと「毛は生えません」。というのも、このビタブリッドCにはミノキシジルのような育毛を直接促進するような成分は含まれていないからです。働きとしては、頭皮に直接ビタミンCを浸透させ、元気な頭皮環境を作るというものです。(※上記Q&Aは公式ページより抜粋。)

 

農業に例えるなら、ビタブリッドCはより良い畑を作るために存在するようなものです。いくら髪の毛の種があっても、畑が枯れていたのでは芽は出ませんし、大きくは育ちません。毛生え薬というのは芽が出たものに対して、栄養を与え大きく育てる役目をするものですが、そもそものこの畑がどうしようもなければ効果はありませんよね。

 

ですから、今薄毛や抜け毛が気になってこれから毛生え薬を探そうと思っていたり、またはこれまでいくつか毛生え薬を使ってみたけど効果がなかったという人は、まずこのビタブリッドCをつかって、頭の畑作りに取り組まれることをおすすめします

 

そうすることで後から使う毛生え薬の効き方も大きく変わってきますから。もちろん併用も可能ですが、おすすめはビタブリッドCを先に1ヵ月でも使ってから、毛生え薬を併用し始めるという方法ですね。

 

ビタブリッドCを1ヵ月くらい使っていると、頭皮環境が変わってきているのが実感できるようになると思います。なんとなく髪の毛が元気だなと感じれるようになると思います。そうなったときが毛生え薬の使い時です。

 

ぜひ頭皮環境改善のために東国原英夫知事も愛用のビタブリッドCを試してみてくださいね!

 

→今すぐ「ビタブリッドC」の詳細を見てみる!

 

 

 

 

<追伸>
ちなみにですが、最初に掲載した東国原英夫知事のフサフサ画像ですが、実はアレ、コンピューターで加工しているそうです。あくまでイメージだとのことで・・・。なんか騙されて気がしますね。。(※ビタブリッドCそのものはきちんとした商品ですのでご心配なく!)